絶対差がつくWeb面接で知っておきたい事

こんにちは。TAJIです。

今年も就職活動シーズンが始まりましたね。新型コロナの影響もあり通常通りの採用スケジュールではなく大変な日々が続いているのではないでしょうか??

特に不要不急な外出を控える必要がある中で就職活動中のみなさんも企業側の採用担当も混乱する事ばかりですね。

今回はそんな中でも一番影響があると言ってもよい採用面接について説明します。通常の採用面接と今増えてきているWeb面接では気をつけなければならないポイントは変わってきます。イレギュラーな採用面接でも困らないようにポイントを説明していきます。

通常の採用面接で注意するポイント

通常の採用面接では、視覚からの情報が大部分をしめます。これをメラビアンの法則と言って、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合で重要視されるようです。詳しくは以前のブログで紹介していますので、見ていただければと思います。

新卒の面接で心得ておくべき3か条




Web面接で知っておきたいポイント

それではWeb面接についてお話していきます。Web面接については昨今の社会情勢もあり実施する企業が増えてきましたが、企業側の採用担当者も手探りで実施していると言っても過言ではありません。

なぜ手探り状態かというと、上でも述べましたがメラビアンの法則では視覚情報が非常に重要視されます。しかし、Web面接になると視覚情報を得る事が対人での面接に比べて難しくなります。

それゆえに企業側の採用担当も良い人材を確保するための採用基準をWeb面接用に手探りで変更している状態です。それでは、就職活動中のみなさんは何に気を付けて面接に望めばよいのでしょうか?

よりロジカルな説明を意識する

通常の面接では表情や態度などの視覚情報が加わり、声のトーンといった聴覚情報などによってその場の空気感や間合いなどが作られます。特に日本ではこの空気感などが重要視されてきましたが、Web面接である以上これらに頼った内容では説明が難しくなります。

それではどうすれば良いのかというと、よりロジカルな説明を実施していけば話の内容で採用に向けての道が開けるのではないでしょうか。

PREP法を意識する

PREP法を意識する事でよりロジカルで伝わりやすい説明ができます。

P=Point ・・・・・・ 結論、ポイント
R=Reason  ・・・ 理由
E=Example ・・・ 具体例
P=Point ・・・・・ ポイント、結論、言いたいことを繰り返す。
PREP法に沿った説明ができればよりわかりやすく、印象に残る説明ができるでしょう。

PREP法での説明例

ここではPREP法を使った例を説明します。一点注意しておきたい点は、ついついPREP法を意識した結果、話が長くなってしまう事があります。これでは印象が悪くなってしまうので長時間に渡って話を続けるのはやめましょう

まずは簡単なところから練習を行っていくのがよいでしょう。

例えば、「好きな動物は?」としたときに、

結論:私はトラが好きです。
理由:トラは力強く人気があるからです。
具体例:強さの象徴としてスポーツチームのマスコットでも多く使われています。
結論:だからトラが好きです。

とても簡単な例で説明しましたが、このような順番で説明できる練習をたくさんするとよりロジカルで具体的な説明ができるようになるでしょう。

Web面接用の練習をする

対人での面接もたくさん練習している人が多いと思いますが、同様にWeb面接に向けての練習もたくさん行うと良いでしょう。特に気を付けるポイントとしては声質です

特に男性が多いのですが、声質によってWeb面接用の機器を通す事により声がより通りにくくなってしまう事があります。通常の面接でも意識するポイントではあるのですが、機器を通したときに自分自身の声がどのように聞こえるのかを確認した方が良いでしょう。

一番簡単なのは電話の声を録音して聞いてみるのが良いです。ビデオ撮影や音声録画機能でも良いですね。一度機器を通した際に自分の声がどんな風に聞こえるのかを把握する事で第一声がとても良くなりますので必ず確認しましょう。

事前にWeb面接用の機器を確認しておく

これは言うまでもありませんね。Web接続までの手順の確認や機材トラブルがないように一度接続のテストを実施しておくと良いでしょう。仮に機材関係のトラブルがあったとしても今年に限っては大目に見てもらえる気もしますが、トラブルは無いに越したことはありません。機器のチェックも面接の一環としてしっかりとした準備をする事をおススメします。
Tマガジンなら雑誌550誌以上が読み放題!初回1ヶ月0円!

さいごに

とてもイレギュラーな対応も多く不安な点も多いかと思いますが、事前練習や準備を行っていれば必ず周りと差をつける事ができます。焦らず、じっくりと準備をしてがんばってくださいね!