ITエンジニアがUターン・Iターン転職するなら社内SE

こんにちは。TAJIです。

本日はITエンジニアの地方転職について紹介していきます!

地方転職のイメージ

ITエンジニアとして都市部で就職した方の中にも「いつかは生まれ育ったところへ帰りたい」「のんびりと過ごせる田舎暮らしをしてみたい」と思っている方も多いのではないでしょうか。

転職を踏み出せない理由として、田舎暮らしだと「仕事はあるの?」「仕事があっても年収がすごく低い」というイメージがあるのではないでしょうか?もちろん都市部に比べて選択肢が少ないのは事実です。

しかし、地方企業においても経営戦略や事業拡大する手段としてITの積極利用は避けては通れない課題です。そのためのIT人材の確保は急務であり新卒・転職問わず採用を強化している企業がたくさんあります。それでもIT人材が慢性的に不足しているのが現状です。

地方企業に多いITエンジニアの職種について

ITエンジニアが地方で転職を目指すときに注意をした方が良い点はIT職種です。都市部では様々なITの職種があり最先端技術を使いチャレンジをしていく会社も多いのではないでしょうか。しかし、地方でのIT転職についてはどちらかと言えば職種が限られる傾向にあります。

地方でITエンジニアが転職する際にはどんな職種があるのかな?
大きく分けると2種類の職種があるよ!

代表的な地方IT職種について

〇ソフトウェア開発会社
都市部の会社から仕事を請負開発をするのが一般的です。2次請けや3次請けの会社も多くITの世界でいうIT土方(きつい、給料が低い、帰れない)という会社も多くあります。ソフトウェア開発会社へ転職をする際はしっかりとどんな企業かを事前リサーチして情報を見極める必要があるかと思います。

〇社内SE
まだまだこれからIT化を目指している地方企業も多く、企業の事業戦略や企業課題をITで解決するために社内SEを増やしたいという会社はたくさんあります。地方でIT人材が不足している事からも年収面で好待遇を提示される事もあります。

社内SEはなにするの?

企業課題をITで解決するために自社内で使用するシステム構築を行う事もあれば、社外へ向けた情報発信のためのサイト作成など仕事は幅広くなる傾向にあります。

また、自社内で使用するシステム構築の際には自社の社員に向けた操作説明やサポート窓口としての機能も果たすことがあります。日常的はパソコンの相談を受ける事もあるためIT専門の便利屋さん的なポジションとなる事もありますが。うまくコミュニケーションをとる事ができれば会社で人気者になれるかもしれませんね。


地方企業の社内SEに求められる事

都市部で培ってきたITスキル・経験などがプラスに働く事は間違いありません。地方企業では大規模プロジェクトが経験しにくい環境にあるため、大規模開発に携わった経験などがあれば地方での社内SEとしても比較的有利な条件で転職できる可能性もありますね。

最も求められる要素としては地方に限らずですが、「やる気」「高いモチベーション」「前向きさ」などが求められます。社内SEの仕事内容でも紹介しましたが、社内SEは自社の社員とも積極的に会話をする機会があります。それだけに「やる気」「高いモチベーション」「前向きさ」は重要な要素となりますね。

地方転職を成功させるには?

地方転職を成功させるポイントとしては「田舎で暮らしたい」「生まれたところに戻りたい」といった漠然とした内容から、もう一段二段くらい深掘りするのをおススメします。

例えば、家族がいて転職する際には田舎で暮らすという理由だけでなく、共通の趣味としてアウトドアをより楽しむために地方移住の際にはこんな家に住んでみたいや、週末には必ずキャンプをしますなどです。イメージを持たず移住してしまうと都市部からのギャップを感じてまた都市部に戻りたいという人もいます。生活のイメージを付けるのはとても重要な要素といえます。

まとめ

地方でのIT転職を目指すならば社内SEをおススメ致します。都市部での通勤時間の長さや満員電車に疲れた。人混みが苦手など理由は様々かと思いますが、地方でのIT転職が成功して公私ともに充実した生活が送れるようがんばってくださいね!