未経験でIT業界転職を有利に進める方法

こんにちは。TAJIです。

私たちの身の回りにもIT技術があふれ、より一層生活に欠かせないものとなる一方でIT人材は慢性的に不足しているのが現状です。

また、少し前まではIT業界は新3K「きつい、帰れない、給料が安い」と呼ばれている時代もありましたが、少しずつイメージも変わってきています。

本日はIT業界についてや有利に転職できる方法を語っていきます。最初に職種の紹介をしますが既に調査済みの方は読み飛ばしていただき「IT業界での転職を有利に進める方法」まで行ってください。

IT業界の職種について

IT業界への転職を目指している方は、年収アップを考えての事と思います。

確かに以前のような安月給のイメージは薄れてきていますがIT業界全体の賃金がアップしているという事でしょうか?

答えは「No」です。一部最新技術やトレンドの技術、またプロジェクトマネージャのような全体をまとめる仕事など高年収となってきている職種があるものの、何も知らずIT業界に入ってしまうとIT土方(きつい、帰れない、給料が安い)の道へと進んでしまう事も考えられます。

IT業界はトレンドでもあるので年収は何をしても良いと思いこんでいたわ!
もちろん高い職種もあれば低い職種もあるって事だね。しっかり調査しないとダメなんだよ!

代表的なIT職種

IT業界と言っても様々な仕事があり全部を紹介するのは難しいため4つに絞って紹介していきます。

システム開発職

まずシステム開発とは「企業で行われる業務などをシステム化するための、設計、プログラミング、テストなどの一連の作業」を指しています。このような作業にはどのような職種があるのでしょうか?

〇システムエンジニア
システム全体の設計作業を行う事がメインの仕事です。設計と言ってもクライアント(お客様)の要望やシステム戦略を理解することも求められますし、多くの人が関わってくるためコミュニケーションスキルも求められます。また、開発チーム全体力量を総合的に判断した上で、システムを設計・企画しなければなりません。

〇プログラマ
プログラマは設計書を元に実際にソースコードを書いてシステムを構築行う仕事です。システムエンジニアの要請に応じて業務を行います。まずはプログラマーとして数年経験を積み、その後システムエンジニアになるという流れが多いです。

プロジェクトマネジメント職

プロジェクトマネジメント職に就くには、プロジェクトマネジメントを専門に行っている会社に転職するか、システム開発を行っている会社でプログラマ⇒システムエンジニア⇒プロジェクトマネジメントなど成り方も様々です。

〇プロジェクトマネージャー
開発系プロジェクトが問題なく円滑に進んでいけるよう予算や人員の選定を行い、プロジェクトの全体管理を行うポジションです。システムエンジニアを経験後なる事も多いため上位職と言われることが多いです。プロジェクト全体の進捗管理や課題管理なども行います。システムエンジニアとしての経験はもちろん、より広い範囲を見る視野と強い責任感、そして開発現場の環境改善も求められます。

〇プロジェクトリーダー/チームリーダー
こちらも基本的にはシステムエンジニアの上位職と言われることが多くですが、プロジェクトマネージャーよりも開発現場に近い存在と言えるでしょう。プロジェクトマネージャーが開発プロジェクトを「管理」する職種なのに対し、プロジェクトリーダーは「先導」する立場で、開発チーム全体に方向性を示しつつ、自分でも開発業務を行うことが多いです。

営業・コンサルタント職

営業やコンサルタントはIT業界以外にも存在していますのでイメージはつきやすいかと思います。IT業界における営業やコンサルタントも職業としてのイメージは一緒ですが、ITスキルを求められる事があります。

〇営業
自社で開発したソフトウェアやサービス、インターネット上で使用するwebサービスであったり、システム開発を請負う場合などの提案を行うなど営業の目的も様々です。自社が製品などをクライアントに説明したりする機会も多いのでITのサービスや商品に対する知識は必須となります。また、クライアントと接する機会も多いのでコミュニケーションスキルは必須です。

〇コンサルタント
ITシステムなどを利用して、企業の経営戦略の後押しや経営課題や解決する職種です。コンサルタントはどんなITサービスがあれば、企業の戦略の後押しができるのかを検討する必要があり、IT技術だけでなく経営なども理解している必要があります。難易度は非常に高くなっていますが、IT業界の中ではトップクラスといわれる年収で人気も高いようです。

マーケティング職

マーケティング職は歴史がまだ浅い一方で成長が望める職種です。そのため、未経験者であっても転職がしやすく人気の職業となっています。

〇Webマーケティング
Webサイトの視聴数や利用数を伸ばすために、Web上の様々な情報を使って施策や方針を立てていきます。自社サイトを検索上位に表示させるための施策を打ったり、Web広告運用や自社サイトにアクセスした人が楽しく長く使ってもらえるよう様々な方面から検討を行います。web上でどのようなものが求められているのかや行動パターン・アクセス解析の手法など、ユーザの利益となる情報を収集して自社サイトへ改善を行っていきます。

〇データアナリスト
今人気の職業といえます。世に出回っている膨大なデータを分析して活用していく職種です。IT技術の進歩により、今までは扱うことができない膨大なデータから法則や傾向を見つけ出しユーザ動向や将来的なニーズを導き出し、事業成長や問題解決の手段を考案する仕事です。


IT業界への転職を有利に進める方法

未経験者に持ってこいの資格

IT未経験者が転職を有利に進めるには資格取得が1番です。新卒の採用であれば全くの経験なしでも1から教育して育てていく方針の会社も多いのですが、転職者は即戦略が求められています。とは言っても転職前に働きながら資格の取得となるとハードルも高くなってしまいます。ではどんな資格を取得すればよいのでしょうか?

働きながら資格取得は難しいよね。
そうだね。ただより良い会社を見つけるためにも「ITパスポート」の資格取得をおススメするよ!

ITパスポートってどんな資格?

ITパスポートとは「情報処理技術者試験」のうち最も簡単なエントリーレベルの資格であり、「情報処理の促進に関する法律」に基づく国家資格です。ITエンジニアだけでなく幅広い層にITに関する正しい知識が必要であるという認識が広がってきたことからたくさんの人が受験する人気の資格となっています。

独学での資格取得は可能か?

結論から言うと取得可能です。2000円前後で売っているテキストを購入して独学で勉強する事で取得は可能です。ただし、私の経験上独学で学んだ方は資格を取得するのを目的とした方です。何を言いたいかというと資格取得が目的ではなく、資格取得によりそれ相応の知識を身に着けるのが重要です。資格を持って転職しても中身がなければ意味がないと思っています。

また、テキストによる独学ではわからない事を調べていると必要以上に時間がかかったりモチベーションが続かなかったりとマイナス面もあります。

ここでおススメなのが月額定額サービス【ウケホーダイ】

額で学べるの?
そうなんだ。定額でさまざまな資格が学べるんだよ!



オンスク.JPとは

オンスク.JPとは

いつでもどこでもオンラインで学習できる、オンライン学習サービスです。

出典元:オンスク.JP

価格について

オンスク.JPのいい所はいきなり高い受講料を払わずに開始できるところです。また、無料体験期間もあるので安心して利用できます。有料プランも安価なものがあります。

出典元:オンスク.JP

オンスク.JPを利用したIT転職のすすめ

オンスク.JPではITパスポートの講義や演習問題、ダウンロードの教材などで学ぶことができます。独学よりも効率的に学ぶことができますね。

出典元:オンスク.JP

ITパスポート試験だけに特化したサービスであれば他のサイトでも学べるのですが、私がオンスク.JPをおススメするもう一つの理由があります。それは「ウケホーダイ」プランを選択していると、「誰でも簡単!Webページ制作 HTML&CSS入門」講座が受講できます。

HTMLやCSS自体は難しいものではありませんがWeb系のエンジニアの転職の際には、知識があるかないかで待遇も変わってくる可能性があります。身に着けておいて損はない知識でしょう。

また、IT系に限らず40講座が受講できますので転職前に様々な資格を取得するのも良いのではないでしょうか。

まとめ

さいごになりますが、ITパスポート資格を持っていることで転職に有利になると思います。また資格は自身のスキルを証明するものですので様々な資格を取得して損はありません。ぜひ様々な資格取得にチャレンジしてみてください。