子育てでわかった男の子の特徴!!

こんにちは。TAJIです。

毎日大変な子育て。どんなに体調が悪くても、どんなに機嫌が悪くても逃れられる事ではありません。どんな時だって我が子の笑顔を見ればすべて吹っ飛びます!!という人も中にはいるかと思いますが、多くの人はたまには一人でゆっくりとしたいものですよね。

私自身が子育てを経験中のパパ(子供:もうすぐ5歳の男の子)ですが、
男性目線だから参考にならないわ」と思わず、ぜひ子育て中のパパさんママさんどちらにも読んでいただきたいと思います。

 


【ブログのコンセプト】

子育てママへ⇒こんな時パパはこんな事思っているんだ。の気づきとなれるように!!

子育てパパへ⇒ママと一緒になって子育てができるように意識改革から!!


 

5年間の子育てでわかった男の子の特徴を紹介します。

①うんこが大好き!!

最初にこれですみません。でも本当にうんこが大好きなんです。1~3歳くらいまではトイレトレーニングに始まり、家庭内ではうんこやおしっこという言葉が増えますよね。トイレが一通り自分でできるようになった4歳くらいからは、外でもうんこって言い始めます。

そんな時、ママさんは「恥ずかしいから外では言わないで!!」と言うのではないでしょうか。それを聞いてパパは「うんこ大好きだもんねー」みたいな感じで子供を助長してしまいがちですよね(経験談(笑))はい。この瞬間にママの苛立ちMAXですね。確かに幼稚園や保育園でうんこ・うんこ言っているのはなかなか恥ずかしいものです。

しかし、過剰に反応して子供をしかりつけるのも逆効果だったりします。(ちなみにうちの子はダメと言うと余計に言います。)怒りたくなる気持ちをぐっとこらえ。優しく教えてあげるのが一番の近道かもしれませんね。パパが子供みたいに「うんこ・うんこ」と言って遊ぶのは結構楽しかったりするのですが、ママから白い目で見られるのでやめましょう。

②勝つことに執着心を燃やしまくる

我が子も幼稚園に入ってからというもの、勝つことに全力を燃やすようになりました。集団行動をしているのでしょうがない部分もあるのですが、「~ちゃん、~くん」に負けちゃうよ。とか、お昼ご飯を食べるのが遅かったりすると、誰々は早いねーなどと言われているせいか、なんでも1番にこだわるようになりました。

最近では、走っていて大人に抜かれても全力で泣く我が子で、人一倍負けん気が強いですね。泣いて途中でやめてしまう事もあるくらいなのですが、最後までやり抜く力、また最後までやり抜いて「自信」を付けて欲しいです。

自信を付けるためにはなによりも「たくさんの愛が子供の自身を付ける」そうです。子供を信じてたくさんの愛情を注いであげましょう。

今回はこの2点となりますが、今後も子育てで感じたこと、教育の悩みなど書いていきたいと思います。またよろしくお願いします。